2011年08月22日

もう既に起きてる未来(友人投稿記事)

インドでは、年間に700本以上の映画が製作されています。

日本は、年間約300本、映画の本場というイメージが強いアメリカでさえ、年間約500本ぐらいですから、インドのそれがいかに凄いか、おわかりいただけると思います。

インド映画会社のトップが「将来的にも、インド人の国民性として音楽好き、踊り好き、映画好きは変わらないため、映画人気は不動である」と発言されてるようですが、私は、本日のテーマ「もう既に起きてる未来」に照らしあわせて考えると、果たしてそうなのだろうかと、疑問を呈したくなります。


「もう既に起きてる未来」それはインドにおいて10年前にカラーテレビの普及率が40%だったのが、現在は50%を越えたという事実です。

近い将来70%を越えると思われますが、そうなると必然的に映画は斜陽の方向に向きだすのは、もう既に起きてる未来ではないでしょうか?


インド映画の筋は、ほとんがパッピーエンド物。

日本の水戸黄門の世界だと思いますが、質が高い欧米に対抗し、世界的ヒットを狙うには、役者が不足してると思います。

もう既に起きてる未来

身近にもたくさんの事例ありそうですね。


マジシャン派遣、マジックショー企画 エイドライン企画
http://www.aidline.jp/

同じカテゴリー(友人投稿)の記事
 ちょびっと いい話 (2012-05-11 00:16)
 ・乗ってはいけない航空機(友人投稿記事) (2011-09-08 17:32)
 AKB48と拓磨君(友人投稿記事) (2011-08-27 04:55)
 マニラはやっぱり買い物天国(友人投稿記事) (2011-08-24 14:55)
 上地雄輔に物申す (2011-08-24 06:42)
 疑惑のチャレンジ・徳光アナ(友人投稿記事) (2011-08-23 07:28)

この記事へのコメント
ハッピーエンドが安心していいですね
Posted by チェリー at 2011年08月22日 08:54
チェリーさん

ハッピーエンドは気持ちスッキリしますね。

最近の映画は CGや3Dなどレベル高いですね

映像を楽しんだり、映画の中に自分が居るような気分を味わうなら

テレビよりも迫力ある映画館で見る方が断然いいですね
Posted by ちょびっとみつる at 2011年08月23日 01:15
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。